Auto CADとは

Auto CADは、アメリカで発売され、世界中で利用されている製図ソフトです。
業務用のCADソフトに比べ、価格が安く、個人での導入が可能です。
近年では様々な製図ソフトが登場し、競争が激化しています。
その中で、ロングセラーとなっているのが、このソフトです。
Auto CADを使う前に、パソコン操作に熟知しましょう。
ペイントや時計など、基本操作を理解することで、このソフトの真価を確かめられます。
必要な機能のマスターと、それ以外の機能の理解を行いましょう。
機械操作が得意な方にオススメのソフトです。

ソフトを利用する時は、事前に下絵を用意して、スケッチを完成させましょう。
あなたの描いた絵を元に、あなたが製図を作成しましょう。
最初のうちは小型オブジェクトを図面に起こしましょう。
慣れてきたら、徐々にスケールを大きくしましょう。
具体的には、絵を描くことがポイントです。
このソフトを用いる時は、製図の基本を学ぶことが前提です。
あくまでも、「製図の補助」や「3D製図」を可能にするソフトですので、基本的な技術や専門的な知識の有無が、仕事の成果に直結します。
常にオリジナルの視点を追い求める事や、顧客の理想を叶える発想力が必要です。

CADはスケールメリットが大きく、時間を掛ければ高層ビルの製図も可能です。
ただし、ミリ単位での正確な設計が必要ですし、丁寧な作業も必要不可欠です。
情報処理能力と思案能力の両方を鍛え、イメージ能力を膨らませましょう。


<特別外部リンク>
低価格でありながらフルカスタマイズが可能なAutoCADソフトです => AutoCADソフト